FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



スポンサーサイト
|01-16|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。