上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

しかしプチ禁煙はあくまで禁煙の練習のための方法であるから、そのまま禁煙に結びつくケースは多くはないかも知れない。
本来、其の後に喫煙してもよいと許しているからこそ、なせる業だろうからだ。
でも煙草を吸わずに過ごす時間を設ける事で、喫煙行為の習慣は少しずつ修正されていくとおもう。
まだ禁煙を熱望しながらも躊躇している人は、いっぺん試してみてほしい。



スポンサーサイト
|05-09|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。