上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙の方法には、ニコチンパッチやニコチンガム等禁煙補助剤を使用した方法も有る。
ニコチンパッチを手に入れるにはドクターの処方箋が必要であるが、ニコチンガムにかんしては薬局等で自身で買い付ける事が出きる。

こういった具合に、社会の流れが「非喫煙」へと向かってる。
これは、煙草の害が明白になってきたからで、殊更に煙草を自身では吸わない非喫煙者に対しても煙草の煙が害をおよぼす事が把握出きてきた為、社会的に喫煙が認められる事が難しくなってきた。
喫煙者のおおくがこの煙草の害にかんして把握出きてはいるのに煙草をやめられずにいる。
非喫煙へと向かう社会の動きの中で、肩身の狭い思いをし、本当は禁煙したいし多種多様な方法も試した、でもやめられないのは、煙草を吸う人のからだだけでなく心までも煙草に侵されているからであるためす。

また離脱症状に準備して保険の1本をとっておく、なんていう事もしてはいけない。
買い置きしておいた煙草や職場の机の中、車の中、かばんの中、服のポケット等、どこかにライターや煙草が残ってないかよく確認してほしい。
煙草関連グッズを捨てると云う方法により、禁煙の意思をつよくさせ勇気を奮い立たせる事だろう。
次に「もう煙草は1本も吸わない」と改めて決心をしよう。
1本だけなら・・・・・・その1本が以下の1本へとつながってしまう。

禁煙に限らず、何をするにも途中で放り投げ、あきらめたくなる事もあるだろう。
しかし煙草はあきらめるものじゃないのだ。
これでは禁煙に対して否定的な言い回しになってしまう。
「煙草はやめた」もしくは「ノンスモーカーである」と言い切って、できる限り積極的に禁煙生活をエンジョイして欲しいとおもう。



スポンサーサイト
|05-08|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。