上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したいのに、なかなかどうして煙草がやめられない、それは、喫煙が単なるニコチン中毒ではなく、1つの習慣病だからである。
人がいっぺん心地よいとおもって習慣づけてしまった事を変えるのは、なかなかどうしてむずかしい事である。
人が煙草を吸う時には、たとえそれを意識していなくても、何かしらきっかけがあるはずである。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時、お酒の席に着いた時、等、「このようなシチュエーションでは煙草を吸う」と云う習慣がついてしまってるのである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

いやな症状ばっかりで気が滅入ってしまいそうであるが、これらの症状が全部現れるわけじゃないし、禁煙で頭やからだがおかしくなる事はないのなのでご安心ほしい。
離脱症状は、現状禁煙に成就した人にだって出た症状であるためすから、懸念する事はないのだ。
どのような方法を使用して禁煙するにしろ、これらの症状を気付いておく事も、禁煙をはじめるにあたって必要な事である。



スポンサーサイト
|05-07|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。