FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

禁煙をはじめて暫く(しばらく)経つと、ニコチンはからだから抜けるのであるが、喫煙行為を長くつづけていた習慣を脳がおぼえていて、ふとした瞬間に煙草が吸いたくなるそうである。
このような時にこのハーブシガレットを吸うと、煙を吸う事で「喫煙した」と云う満足感は得られるそうである。
しかしニコチンが含有されていない為、せっかくニコチン中毒が治まったからだが再びニコチンに犯される事はないのだ。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



スポンサーサイト
|04-29|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。