上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草をやめたいとおもってるけど禁煙がはじめられない、と云う人は、離脱症状(ニコチン切れによる禁断症状)におそわれる事を恐怖に実感しているのかも知れない。
離脱症状がどうでるか、どう実感するかは個人差が在り、ヘビースモーカーでもそれほど離脱症状を実感しない人もあれば、吸っていた本数は多くはないのに離脱症状をつよく実感する人もいる。
また離脱症状を実感する期間にも人に拠ってちがいが有る。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

また非喫煙者であると云う事を知らされていない人からは、煙草をすすめられる事もあるだろう。
一緒に食事に行ったり商談の際には煙草を当たり前のようにすすめてくるとおもうが、そこで断るだけの心の準備をしておく必要が有る。
本当はまだ吸いたいと云う気持ちがあるかも知れないし、その場をしらけさせてしまうのでは、と云う懸念もあるだろう。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



スポンサーサイト
|04-28|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。