FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したいのに、なかなかどうして煙草がやめられない、それは、喫煙が単なるニコチン中毒ではなく、1つの習慣病だからである。
人がいっぺん心地よいとおもって習慣づけてしまった事を変えるのは、なかなかどうしてむずかしい事である。
人が煙草を吸う時には、たとえそれを意識していなくても、何かしらきっかけがあるはずである。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時、お酒の席に着いた時、等、「このようなシチュエーションでは煙草を吸う」と云う習慣がついてしまってるのである。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

しかしながら、中にはやめたいとおもっていても今まで踏み切れなかったのが、自身の禁煙をきっかけに禁煙を決意する人もいるかも知れない。
日頃から、煙草をやめたいと云っていたり、やめたそうにしていた人に、声をかけてみないだろうか。
一緒に頑張れる仲間がいると、煙草もやめやすくなるとおもう。



スポンサーサイト
|04-05|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。