FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

人間はストレスという心理的負荷や懸念事を実感すると、浅く肺で呼吸する風潮が有る。
ここでゆっくり深呼吸する事で、素早く息抜き状態に入り、精神状態も落ち着き、脳の働きもスムーズに成る。
深呼吸を練習する時は、まずおへその上下に左右の手を置き、そこに空気を集めるつもりで一杯まで深く息を吸いる。

この方法は、禁煙中の人だけでなく、煙草を吸わなくても日常忙しくストレスという心理的負荷に追われている全部の人に適切な息抜き方法でも有る。
どのようなに忙しさに追われていても、この1分間を確保する気持ちの余裕だけはもっていて欲しいとおもう。



スポンサーサイト
|04-04|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。