上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙生活をスムーズに送るための方法の1つとして、食事内容に配慮する事が挙げられる。
それは野菜と果物を食事の中心におくと云う方法である。

しかし現実にニコチンによる中毒症状は予測外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうである。
本当に煙草から離れられないのは心理的な依存で、「煙草を吸うと息抜き出きる」「煙草を吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」このようなふうに思い込んでいるのである。
煙草の良い点(・・・・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、煙草に当てにしてきた習慣を変えるのが大きな懸念になり、なかなかどうして禁煙に踏み込めずにいるのである。

次に「どうしても吸いたいとき」に順位をつけ、下位のほうから煙草をやめていくるのだ。
そして最終的に吸わなくすると設定した日に向けて少しずつ減らし、最後には完璧にやめてしまう。

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



スポンサーサイト
|04-03|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。