上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

禁煙中に煙草を吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、輪ゴムを使用したものが有る。
まず手首に輪ゴムをはめて過ごし、煙草を吸いたいと云う衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自身に言い聞かせる。
こうして自身の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸をする。

もし禁煙をはじめて煙草が吸いたくなる瞬間があったら、「私はもう煙草は吸わない事にしよう」と唱えてみてほしい。
吸いたいとおもう瞬間を、煙草に等束縛されてはいない明るい時間に変えていってほしい。



スポンサーサイト
|03-29|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。