FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

ここではニコチンガムにかんして、その効果や噛む方法を談じたいとおもう。
ニコチンガムは、それを噛んでも煙草を吸ったときのようなジーンとした感覚を得られるわけじゃないのだ。
ガムを噛む事で吸った気持ちになれるためのものではなく、吸いたいと云う気持ちをやわらげ、吸わずにいさせるためのものである。

煙草を吸わない人から観れば「からだに悪いと把握出きているのに何故やめられないんだろう」「意思が弱くて周囲の事を考慮しない身勝手な人達だ」と、なかなかどうして把握出きない部分もおおくあるだろう。
しかしながら、習慣化してしまった喫煙者が、煙草を吸わずにいられないメカニズムは、そう簡単じゃないようであるためす。

本数を減らしても「あれ、おもったより大丈夫で過ごせる」と実感し、意外とらくに禁煙出きる人もけっこういるのである。
なかなかどうして禁煙が成就しないのは、「禁煙はむずかしい」「ものすごく苦しい思いをしないと煙草はやめられない」と思い込んでいるからかも知れない。
もしくは、禁煙しなくても済んでしまう状況である為、甘んじているのかも知れない。
これが、自身が病気になって禁煙を余儀なくされたとか、妊娠して煙草を断ち切るきっかけが出きたケースの場合はなんとしてでも禁煙しようと考慮するだろう。
禁煙ははじめてみると、もしかしたらおもってるよりずっと気楽に出きる事かも知れない。
「挫折したらどうしよう」等と考慮していないで、まず初めは禁煙生活をはじめてみるべきだ。



スポンサーサイト
|03-23|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。