FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

また、緊張する場面やストレスという心理的負荷を実感する時は、何時もなら煙草に手が伸長するところだろうが、禁煙をはじめたら、大幅に深呼吸したりゆっくり食事を取ったり、温かいお茶を少しずつ呑み込む方法も適切である。
禁煙をはじめて2日目には血液中のニコチン濃度が急速に下がる事で初日よりも更につよく煙草を吸いたいと実感するようである。

つまり、ニコチン切れによる離脱症状の緩和(かんわ)にはならないが、喫煙行為に対する欲求は満たされるわけである。
ハーブシガレットを使用した禁煙は、煙は吸いつづけるのでただしくは「禁煙」ではなく「禁ニコチン」かも知れない。
しかし通常のニコチンを含んだ煙草より値段が高い為、禁煙前よりは本数は消耗する事に成るだろう。



スポンサーサイト
|03-04|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。