上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草がからだに悪いと把握出きていながらも、なかなかどうしてやめられないのには、煙草のニコチンに対する依存と、喫煙行為に対する心理的な依存があるためと云われている。
ニコチンに対する依存と云うのは、いわば中毒症状である。
禁煙出きない人の中には、この中毒症状を言い訳にして煙草に手をのばしている人もおおくいる。

喫煙している人は体内で一部のビタミンを煙草で消費してしまってる為、不足したビタミンを補給する為にもビタミン豊富な果物や野菜を取る事がおすすめである。
また肉等の脂っこい料理をお腹一杯口にしたときとちがって、野菜や果物をたくさん口にしても煙草を吸いたいと云う欲求がそれほどつよくならない。
野菜や果物は煙草と相性が良くないからである。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

あとは、「煙草を吸いたい」と云う喫煙行為を成し遂げたいと云う心理的な依存を断つ事である。
こちらは習慣化している喫煙行為を変えていくわけであるから、そう簡単な方法はないかも知れない。
しかしながら、人間は心地よいと実感するほうへからだを導くように出きている為、禁煙する事が心地よくなるよう、脳にインプットし直す必要が有る。
これには煙草の害を解説するよりも、煙草を断ち切る事で実感出きるプラス面を考慮したほうが良いだろう。
まず健康面に禁煙効果があらわれ、同時に周囲の人とも接触しやすくなる。
煙草は喫煙者本人だけでなく、周囲の人の健康も害す事が周知されてきている為、このような社会の中では煙草を吸わない人の方が受け入れられやすいだろう。



スポンサーサイト
|03-03|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。