上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

ニコチンパッチにかんしては、興味深い調査結果が有る。
ある試験で、ニコチンパッチを使用して煙草をやめられた人は、2ヵ月後におよそ半分だったそうである。
と同時に、ニコチンを含有しない偽のニコチンパッチを使用した人では、およそ3割の人が煙草をやめられたそうである。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

いずれ煙草をやめたいと云うのなら、ミリ数を減少させるのではなく、そのままの煙草で本数を減少させるほうが確実だと云う意見が少なくないようである。
しかしながら、いずれの方法でも最後には禁煙したいとおもう人の性格や気持ちによるところが大きいだろう。
周囲の禁煙に成就した人の意見も参照事項にしながら、自身に合った方法で禁煙を成就させてほしい。



スポンサーサイト
|02-25|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。