上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
何か今の自身を変えて達成しようと決意する時に「絶対にからしない」「一生からしない」等と禁止の言葉を使用するのはタブーである。
よほど自信のある人であれば、モチベーションアップの為に、モチベーションをキープする為に、これらの言葉で誓いを立てるのも良いかも知れない。
しかし禁煙にかんして、殊更に挫折を経験した事のある人には「もう絶対煙草は吸いない」と誓いを立てる方法はあまりおすすめ出きない。
いっぺんこの誓いを破ってしまうと、自身の意思の弱さを嘆いて投げやりになったり、自信をなくしてしまった為に以下の禁煙がより難しくなるからである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



スポンサーサイト
|02-06|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。