上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草をためたいけどやめられない人、それは煙草に依存しているからじゃないだろうか。
では依存しているものの正体は?
それは、ニコチンに対する生理的な依存と、煙草を吸う行為に対する心理的な依存である。
禁煙を成就させると云う事は、この2つの依存を断つと云う事に成る。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

このニコチンと喫煙行為に対する依存を取り払う為に、指煙草と云う方法を使用している人もいる。
禁煙をはじめると、絶対に喫煙欲求が生じる。
その時に指を煙草に見立てて、指先を軽く噛んで深呼吸をするのである。
これを気持ちが落ち着くまでつづけてほしい。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



スポンサーサイト
|02-05|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。