上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

しかし誘惑に負けたり気兼ねして吸ってしまわないように「けっこうである、煙草はやめたのである」と云う言葉を用意しておこう。
非喫煙者になりきるには「今、禁煙中である」と云うより「やめた」と断言する方が、やり遂げたと云う自身へのいい意味の思い込みにもなる。

禁煙と挫折をくりかえさない為にも、本当の非喫煙者となって、健康で明るい毎日を手に入れてほしい。



スポンサーサイト
|02-03|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。