上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

勿論偽のパッチである事は、本人達も知らされていない状態だった。
つまり、ニコチンパッチを使用しても約半数の人は煙草をやめられず、ニコチンパッチを使用しない人でも3割の人は禁煙出きた、と云う事である。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



スポンサーサイト
|01-31|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。