FC2ブログ
「もう煙草はやめたんだ」そう云って清清しい笑顔を見せていた知人が、久しぶりに会った時には再び喫煙していた、なんていう事はないだろうか?
個人差がある事であるが、せっかく禁煙出きたのに、これが数ヶ月、数年が経った後にふと煙草が吸いたくなるときがあるのだそうである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



スポンサーサイト



|01-30|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.