FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙にかんする書籍やグッズが数おおく発売され、一体どの方法が自身に合ってるのかと、煙草をやめたいけどなかなかどうしてやめられず効果的な方法を探し求める人の頭を苦しめている。
禁煙に成就した人から「これが効果的だったよ」と聴いても、同じ方法で万人が禁煙出きるかと云うと、残念ながらそうはいかないのだ。
煙草への依存度、生活パターン等にもよるからである。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

例を挙げると「お金が煙と云うかたちで消失していくのはもったいない」と云うイメージをもって、その分のお金を貯めて、かたちのある物にして残そうとする。
また「煙草の自販機の前に行ったら終わりだ」と云うイメージをもって、自販機を敬遠してとおる、煙草は絶対に買い付けない。
「煙草と云う言葉自体がイヤだ」と云う印象を自身に埋め込み、あえて禁煙している事も人には云わないし、「煙草をやめたからご飯が美味しくなった」等と云う感想も云わないようにする。
煙草と云うキーワードを使用しない、思い出さないように過ごす。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



スポンサーサイト
|01-29|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。