FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
「禁煙」この文字を多種多様な場所で見掛けるように成った。
外食に出掛けても「ランチタイムは全席禁煙になっておるがよろしいものだろうか」と聴かれるレストランが増大してきている気がする。
駅のホームも勿論禁煙であるが、本来煙草の煙を嫌悪している人にとっては、やっと落ち着いて通勤出きる、とホッとしている事だろう。

一般的に、禁煙をはじめて1ヶ月が過ぎる頃には、からだはニコチンを求めなくなるのだそうである。
しかし煙草を吸っていたときの行動記憶が残ってる為、何かのきっかけで吸いたくなるときがあると云われる。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時には絶対に何時も煙草を吸っていたりとか、通勤中の車の中では毎日欠かさず吸っていた為、コーヒーを呑み込む事や通勤と云う行動が煙草の記憶と結びついてしまうのである。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

せっかく2週間もの間、煙草から離れられたのに、もったいない話である。
この頃には、禁煙初期のようなつよい喫煙欲求はなく為ってる事とおもうが、脳はまだニコチンを要求している状態に為ってる。
その為、この時期を乗り切る方法として、食事を軽めにする事が挙げられる。
食事をたくさん取ると、覚醒度を低下させてしまう為、煙草を吸いたいと云う欲求を起こしやすくなるのである。
また睡眠はガッツリとり、お酒を控えめにするのも、煙草に手を伸ばさずにこの時期を過ごす方法の1つである。



スポンサーサイト
|01-28|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。