上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

しかし現実にニコチンによる中毒症状は予測外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうである。
本当に煙草から離れられないのは心理的な依存で、「煙草を吸うと息抜き出きる」「煙草を吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」このようなふうに思い込んでいるのである。
煙草の良い点(・・・・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、煙草に当てにしてきた習慣を変えるのが大きな懸念になり、なかなかどうして禁煙に踏み込めずにいるのである。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

しかしながら、中にはやめたいとおもっていても今まで踏み切れなかったのが、自身の禁煙をきっかけに禁煙を決意する人もいるかも知れない。
日頃から、煙草をやめたいと云っていたり、やめたそうにしていた人に、声をかけてみないだろうか。
一緒に頑張れる仲間がいると、煙草もやめやすくなるとおもう。



スポンサーサイト
|01-26|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。