FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



スポンサーサイト
|01-20|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。