上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



スポンサーサイト
|01-18|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。