FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

反対に「煙草をやめるなんて、並大抵の努力じゃ出きない」とか「煙草無しの生活を送るなんて想像出きない」と云った事を考慮していると、禁煙がものすごく無理難題になってしまう。
例を挙げるとちょっと体調を崩したとき等に「あれ、それとなく具合が良くない」と実感し、だんだん悪くなるとおもってると本当に風邪を酷く(ひどく)こじらせてしまう事だって有る。
思い込みと云うのは人のからだに影響をおよぼする。
病は気から、とはよく云ったものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



スポンサーサイト
|01-17|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。