FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
何か今の自身を変えて達成しようと決意する時に「絶対にからしない」「一生からしない」等と禁止の言葉を使用するのはタブーである。
よほど自信のある人であれば、モチベーションアップの為に、モチベーションをキープする為に、これらの言葉で誓いを立てるのも良いかも知れない。
しかし禁煙にかんして、殊更に挫折を経験した事のある人には「もう絶対煙草は吸いない」と誓いを立てる方法はあまりおすすめ出きない。
いっぺんこの誓いを破ってしまうと、自身の意思の弱さを嘆いて投げやりになったり、自信をなくしてしまった為に以下の禁煙がより難しくなるからである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



スポンサーサイト
|02-06|日記||TOP↑
煙草をためたいけどやめられない人、それは煙草に依存しているからじゃないだろうか。
では依存しているものの正体は?
それは、ニコチンに対する生理的な依存と、煙草を吸う行為に対する心理的な依存である。
禁煙を成就させると云う事は、この2つの依存を断つと云う事に成る。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

このニコチンと喫煙行為に対する依存を取り払う為に、指煙草と云う方法を使用している人もいる。
禁煙をはじめると、絶対に喫煙欲求が生じる。
その時に指を煙草に見立てて、指先を軽く噛んで深呼吸をするのである。
これを気持ちが落ち着くまでつづけてほしい。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



|02-05|日記||TOP↑
何をするにでもそうであるが、一緒に目標に向かって励まし合える仲間がいると心つよいものである。
禁煙にかんしても同じである。
一緒に煙草をやめる人がいると、挫折しそうなときでも同じ苦労をしている人から励まされるのは大きな心の支えに成る。
反対に自身が相手を励ますと、その声は自身にもどってきて、自身を救う事にもなる。
こういった具合に禁煙仲間を作成する事も、禁煙を成就させるための1つの方法である。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

煙草を吸わない人から観れば「からだに悪いと把握出きているのに何故やめられないんだろう」「意思が弱くて周囲の事を考慮しない身勝手な人達だ」と、なかなかどうして把握出きない部分もおおくあるだろう。
しかしながら、習慣化してしまった喫煙者が、煙草を吸わずにいられないメカニズムは、そう簡単じゃないようであるためす。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|02-04|日記||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

しかし誘惑に負けたり気兼ねして吸ってしまわないように「けっこうである、煙草はやめたのである」と云う言葉を用意しておこう。
非喫煙者になりきるには「今、禁煙中である」と云うより「やめた」と断言する方が、やり遂げたと云う自身へのいい意味の思い込みにもなる。

禁煙と挫折をくりかえさない為にも、本当の非喫煙者となって、健康で明るい毎日を手に入れてほしい。



|02-03|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

多種多様な禁煙本、禁煙CD、DVD、禁煙シール、キャンディーやガム等・・・・・・
現実に試してみて本当に禁煙に成就した人もいるだろうし、あれこれ試してみたけど結局煙草をやめられなかった、と云う人も少なくないとおもう。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

禁煙するための方法として第1に挙げられるのは、禁煙に関心をもつ事である。
禁煙したい本人は勿論、家族や知人等周囲の人にも関心をもってもらい、禁煙にチャレンジする環境を整えなくてはいけない。
なぜ煙草はやめるのがむずかしいのか、その理由にかんしてもキッチリと把握して、一緒に対処してくれる協力者がいれば、なお心つ良いだろう。




|02-02|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



|02-01|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。