上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

勿論偽のパッチである事は、本人達も知らされていない状態だった。
つまり、ニコチンパッチを使用しても約半数の人は煙草をやめられず、ニコチンパッチを使用しない人でも3割の人は禁煙出きた、と云う事である。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



スポンサーサイト
|01-31|日記||TOP↑
「もう煙草はやめたんだ」そう云って清清しい笑顔を見せていた知人が、久しぶりに会った時には再び喫煙していた、なんていう事はないだろうか?
個人差がある事であるが、せっかく禁煙出きたのに、これが数ヶ月、数年が経った後にふと煙草が吸いたくなるときがあるのだそうである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



|01-30|日記||TOP↑
禁煙にかんする書籍やグッズが数おおく発売され、一体どの方法が自身に合ってるのかと、煙草をやめたいけどなかなかどうしてやめられず効果的な方法を探し求める人の頭を苦しめている。
禁煙に成就した人から「これが効果的だったよ」と聴いても、同じ方法で万人が禁煙出きるかと云うと、残念ながらそうはいかないのだ。
煙草への依存度、生活パターン等にもよるからである。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

例を挙げると「お金が煙と云うかたちで消失していくのはもったいない」と云うイメージをもって、その分のお金を貯めて、かたちのある物にして残そうとする。
また「煙草の自販機の前に行ったら終わりだ」と云うイメージをもって、自販機を敬遠してとおる、煙草は絶対に買い付けない。
「煙草と云う言葉自体がイヤだ」と云う印象を自身に埋め込み、あえて禁煙している事も人には云わないし、「煙草をやめたからご飯が美味しくなった」等と云う感想も云わないようにする。
煙草と云うキーワードを使用しない、思い出さないように過ごす。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-29|日記||TOP↑
「禁煙」この文字を多種多様な場所で見掛けるように成った。
外食に出掛けても「ランチタイムは全席禁煙になっておるがよろしいものだろうか」と聴かれるレストランが増大してきている気がする。
駅のホームも勿論禁煙であるが、本来煙草の煙を嫌悪している人にとっては、やっと落ち着いて通勤出きる、とホッとしている事だろう。

一般的に、禁煙をはじめて1ヶ月が過ぎる頃には、からだはニコチンを求めなくなるのだそうである。
しかし煙草を吸っていたときの行動記憶が残ってる為、何かのきっかけで吸いたくなるときがあると云われる。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時には絶対に何時も煙草を吸っていたりとか、通勤中の車の中では毎日欠かさず吸っていた為、コーヒーを呑み込む事や通勤と云う行動が煙草の記憶と結びついてしまうのである。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

せっかく2週間もの間、煙草から離れられたのに、もったいない話である。
この頃には、禁煙初期のようなつよい喫煙欲求はなく為ってる事とおもうが、脳はまだニコチンを要求している状態に為ってる。
その為、この時期を乗り切る方法として、食事を軽めにする事が挙げられる。
食事をたくさん取ると、覚醒度を低下させてしまう為、煙草を吸いたいと云う欲求を起こしやすくなるのである。
また睡眠はガッツリとり、お酒を控えめにするのも、煙草に手を伸ばさずにこの時期を過ごす方法の1つである。



|01-28|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

しかし現実にニコチンによる中毒症状は予測外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうである。
本当に煙草から離れられないのは心理的な依存で、「煙草を吸うと息抜き出きる」「煙草を吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」このようなふうに思い込んでいるのである。
煙草の良い点(・・・・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、煙草に当てにしてきた習慣を変えるのが大きな懸念になり、なかなかどうして禁煙に踏み込めずにいるのである。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

しかしながら、中にはやめたいとおもっていても今まで踏み切れなかったのが、自身の禁煙をきっかけに禁煙を決意する人もいるかも知れない。
日頃から、煙草をやめたいと云っていたり、やめたそうにしていた人に、声をかけてみないだろうか。
一緒に頑張れる仲間がいると、煙草もやめやすくなるとおもう。



|01-26|日記||TOP↑
水分は人間のからだには必要不可欠な為、健康や美容の為に毎日意識して水を飲んでいる人はたくさんいる。
水分をできる限り積極的に取る事は、便秘改善や血液をさら更にしたり肌を美しくキープしたり老廃物を効率よく排出する方法としても広く実行されている。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

しかしこの欲求は3日目までにピークをむかえて、禁煙開始から5日目には殆どの人が落ち着いてくると云われている。
禁煙をはじめた頃を上手く乗り切るには、喫煙欲求をいかに紛らわせて過ごすか、と云う点がポイントとなる。



|01-26|日記||TOP↑
煙草の害は、喫煙者、非喫煙者共に殆どの人が気付いている事で、社会的にも煙草が容認されなくなってきている。
このような流れの中、男性の喫煙率は消耗風潮にあるようであるが、女性にかんしては喫煙率が横這いかもしくは少し増加風潮にあるようである。
全体としては煙草から離れる人が増大してきており、喫煙中の人でも「出きる事なら禁煙したい」と考慮している人が7割ほどいると聴くるのだ。
そして殆どの喫煙者が禁煙をいっぺんは試みて、挫折を経験しているようである。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

これらの行動記憶を鎮撫する方法としては、通勤手段を変えてみたり、食後のコーヒーをやめて歯磨きをする、仕事のストレスという心理的負荷を上手に発散させる事等が有る。
また、ジムにとおったりウォーキングをはじめる等毎日の生活に運動を取り入れる、休日に出きる趣味を見つけて没頭する、等と云う方法も禁煙生活をつづける上で適切である。

但し水分補給にかんして気を付けて欲しい事が有る。
水やお茶なら良いのであるが、コーヒーはできる限り敬遠したほうがよい、と云う事である。
コーヒーは煙草との相性がよい為、コーヒーを呑み込むと煙草が欲しくなると云うパターンが考慮される。
またカロリーのあるジュースやスポーツ飲料もあまりおすすめ出きない。
「禁煙したら太った」なんて事のないように、取る水分の内容には気を付けてほしい。



|01-24|日記||TOP↑
煙草をやめたいとおもってるけど禁煙がはじめられない、と云う人は、離脱症状(ニコチン切れによる禁断症状)におそわれる事を恐怖に実感しているのかも知れない。
離脱症状がどうでるか、どう実感するかは個人差が在り、ヘビースモーカーでもそれほど離脱症状を実感しない人もあれば、吸っていた本数は多くはないのに離脱症状をつよく実感する人もいる。
また離脱症状を実感する期間にも人に拠ってちがいが有る。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|01-23|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

また非喫煙者であると云う事を知らされていない人からは、煙草をすすめられる事もあるだろう。
一緒に食事に行ったり商談の際には煙草を当たり前のようにすすめてくるとおもうが、そこで断るだけの心の準備をしておく必要が有る。
本当はまだ吸いたいと云う気持ちがあるかも知れないし、その場をしらけさせてしまうのでは、と云う懸念もあるだろう。

身近に禁煙に成就した人がいたら、どのような方法で煙草を断ったのか、聴いてみるのも良いだろう。
製品の宣伝ではなく、現実の生の声を聴くほうが、ずっと説得力が有る。
同じ方法が自身にも効果的かどうかは把握できないが、現実にそれで身近な人が成就したのであれば、試してみる価値はあるとおもう。



|01-22|日記||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



|01-20|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-18|日記||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

反対に「煙草をやめるなんて、並大抵の努力じゃ出きない」とか「煙草無しの生活を送るなんて想像出きない」と云った事を考慮していると、禁煙がものすごく無理難題になってしまう。
例を挙げるとちょっと体調を崩したとき等に「あれ、それとなく具合が良くない」と実感し、だんだん悪くなるとおもってると本当に風邪を酷く(ひどく)こじらせてしまう事だって有る。
思い込みと云うのは人のからだに影響をおよぼする。
病は気から、とはよく云ったものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-17|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|01-16|日記||TOP↑
社会的に喫煙が受け入れられなく為ってる現状、喫煙率は消耗してきているものの、煙草をやめたいのにやめられない、禁煙できずにいる人はまだまだたくさんいる。
スッキリ禁煙出きる為に、何かよい方法がないものかと、頭を苦しめている。
このような人達をターゲットにした禁煙グッズが多種多様発売されている。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

また離脱症状に準備して保険の1本をとっておく、なんていう事もしてはいけない。
買い置きしておいた煙草や職場の机の中、車の中、かばんの中、服のポケット等、どこかにライターや煙草が残ってないかよく確認してほしい。
煙草関連グッズを捨てると云う方法により、禁煙の意思をつよくさせ勇気を奮い立たせる事だろう。
次に「もう煙草は1本も吸わない」と改めて決心をしよう。
1本だけなら・・・・・・その1本が以下の1本へとつながってしまう。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|01-15|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。