FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
何をするにでもそうであるが、一緒に目標に向かって励まし合える仲間がいると心つよいものである。
禁煙にかんしても同じである。
一緒に煙草をやめる人がいると、挫折しそうなときでも同じ苦労をしている人から励まされるのは大きな心の支えに成る。
反対に自身が相手を励ますと、その声は自身にもどってきて、自身を救う事にもなる。
こういった具合に禁煙仲間を作成する事も、禁煙を成就させるための1つの方法である。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

人は禁止されると反発したくなるものである。
ではどのような言葉で禁煙をはじめたら良いのだろうか。
自身の意思で前向きにチャレンジしている気持ちが伝達される言葉がいいものである。
「煙草は吸わない事にしよう」なんていう言葉はどうだろう。
何かを禁止されているわけでもなく、義務的な言葉でもなく、明るく前向きなフレーズに聴こえないだろうか?

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



スポンサーサイト
|02-29|日記||TOP↑
煙草の害は、喫煙者、非喫煙者共に殆どの人が気付いている事で、社会的にも煙草が容認されなくなってきている。
このような流れの中、男性の喫煙率は消耗風潮にあるようであるが、女性にかんしては喫煙率が横這いかもしくは少し増加風潮にあるようである。
全体としては煙草から離れる人が増大してきており、喫煙中の人でも「出きる事なら禁煙したい」と考慮している人が7割ほどいると聴くるのだ。
そして殆どの喫煙者が禁煙をいっぺんは試みて、挫折を経験しているようである。

煙草を吸うと、ニコチンが脳へ届き、20分間ほどの満足感を得られるが、実はこの満足感は「煙草を吸いたい」と云う欲求が満たされた事からくる部分が大きいのである。
ニコチンは皆がおもうほど、実は依存性が高くないのである。
20分ほどなら、煙草なしでも過ごせないだろうか?

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

しかしプチ禁煙はあくまで禁煙の練習のための方法であるから、そのまま禁煙に結びつくケースは多くはないかも知れない。
本来、其の後に喫煙してもよいと許しているからこそ、なせる業だろうからだ。
でも煙草を吸わずに過ごす時間を設ける事で、喫煙行為の習慣は少しずつ修正されていくとおもう。
まだ禁煙を熱望しながらも躊躇している人は、いっぺん試してみてほしい。



|02-28|日記||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

しかしながら、半年や1年、2年もの間、禁煙をつづけていたのに、ふとしたきっかけからまた煙草を吸いはじめる人もいるのである。
「もう煙草は吸いたくない」「煙草の煙に嫌悪感をおぼえる」と云う気持ちになれば、再び煙草を吸いはじめる事はないかも知れない。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



|02-27|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

しかし誘惑に負けたり気兼ねして吸ってしまわないように「けっこうである、煙草はやめたのである」と云う言葉を用意しておこう。
非喫煙者になりきるには「今、禁煙中である」と云うより「やめた」と断言する方が、やり遂げたと云う自身へのいい意味の思い込みにもなる。

禁煙と挫折をくりかえさない為にも、本当の非喫煙者となって、健康で明るい毎日を手に入れてほしい。



|02-26|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

ニコチンパッチにかんしては、興味深い調査結果が有る。
ある試験で、ニコチンパッチを使用して煙草をやめられた人は、2ヵ月後におよそ半分だったそうである。
と同時に、ニコチンを含有しない偽のニコチンパッチを使用した人では、およそ3割の人が煙草をやめられたそうである。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

いずれ煙草をやめたいと云うのなら、ミリ数を減少させるのではなく、そのままの煙草で本数を減少させるほうが確実だと云う意見が少なくないようである。
しかしながら、いずれの方法でも最後には禁煙したいとおもう人の性格や気持ちによるところが大きいだろう。
周囲の禁煙に成就した人の意見も参照事項にしながら、自身に合った方法で禁煙を成就させてほしい。



|02-25|日記||TOP↑
禁煙をするにはどのような方法があるのか、それに対して何も苦労しないで自然にやめられたと云う人、病気をしてドクターの治療を受けながら禁煙した人、独自の方法で煙草と縁を切った人等、禁煙成就者からの答えは多種多様である。
これがぜったいに効く、と云う万能な方法と云うのは実在しないのかも知れない。
しかしながら、多種多様な人の意見を聴いて、受け入れ、自身に合った方法を見つける努力は必要だろう。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|02-24|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

禁煙中に煙草を吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、輪ゴムを使用したものが有る。
まず手首に輪ゴムをはめて過ごし、煙草を吸いたいと云う衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自身に言い聞かせる。
こうして自身の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸をする。

しかし誘惑に負けたり気兼ねして吸ってしまわないように「けっこうである、煙草はやめたのである」と云う言葉を用意しておこう。
非喫煙者になりきるには「今、禁煙中である」と云うより「やめた」と断言する方が、やり遂げたと云う自身へのいい意味の思い込みにもなる。

禁煙と挫折をくりかえさない為にも、本当の非喫煙者となって、健康で明るい毎日を手に入れてほしい。



|02-23|日記||TOP↑
煙草をやめたいとおもってるけど禁煙がはじめられない、と云う人は、離脱症状(ニコチン切れによる禁断症状)におそわれる事を恐怖に実感しているのかも知れない。
離脱症状がどうでるか、どう実感するかは個人差が在り、ヘビースモーカーでもそれほど離脱症状を実感しない人もあれば、吸っていた本数は多くはないのに離脱症状をつよく実感する人もいる。
また離脱症状を実感する期間にも人に拠ってちがいが有る。

相当の禁煙グッズの中に、ハーブシガレットと云うものが有る。
これで禁煙に成就した人の話を聴いた事が有る。
ハーブシガレットは天然のハーブを原料とし、ニコチンは全く含有されていない。
その為ニコチン中毒に成る懸念はないのだ。

禁煙中に煙草を吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、輪ゴムを使用したものが有る。
まず手首に輪ゴムをはめて過ごし、煙草を吸いたいと云う衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自身に言い聞かせる。
こうして自身の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸をする。

もう1つ、野菜と果物には尿をアルカリ化させてからだからニコチンが排出されるスピードを遅らせる効果があるそうである。
それにより、ニコチン切れの離脱症状を緩和(かんわ)させる効果が待望出きると云われる。

末永く野菜ばっかり口にしていては飽きてしまうし、時にはお肉をがっつり口にしてスタミナもつけたいだろう。
禁煙が成就した暁には、お祝いの焼肉でもステーキでも召し上がってほしい。
焼肉屋さんに入っても煙草を吸いたいと云う欲求が起きなければ、大成就である。



|02-22|日記||TOP↑
プチ整形やプチセレブ等、近頃は相当の言葉に「プチ」をつける事で、より普段の生活に身近に実感するものが増大してきた。
「プチ」がつくと、本格的にするのはむずかしいけどちょっと体験してみようかな、くらいの気持ちではじめられる感覚がしないだろうか。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|02-21|日記||TOP↑
煙草をやめる方法には、少しずつ本数を減らして最後にゼロにする減煙法と、一気にゼロにする断煙法が有る。
減煙法では、あまり長い期間をかけて本数を減らしているといつまで経ってもゼロに出きない、と云う結果になりかねない為、最終的にゼロにする日を前もって決定させてできる限り短い期間にそこまでもっていくようにしてほしい。

喫煙している人は体内で一部のビタミンを煙草で消費してしまってる為、不足したビタミンを補給する為にもビタミン豊富な果物や野菜を取る事がおすすめである。
また肉等の脂っこい料理をお腹一杯口にしたときとちがって、野菜や果物をたくさん口にしても煙草を吸いたいと云う欲求がそれほどつよくならない。
野菜や果物は煙草と相性が良くないからである。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

禁煙するための方法として第1に挙げられるのは、禁煙に関心をもつ事である。
禁煙したい本人は勿論、家族や知人等周囲の人にも関心をもってもらい、禁煙にチャレンジする環境を整えなくてはいけない。
なぜ煙草はやめるのがむずかしいのか、その理由にかんしてもキッチリと把握して、一緒に対処してくれる協力者がいれば、なお心つ良いだろう。




|02-20|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。