上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|-----|スポンサー広告||TOP↑
何か今の自身を変えて達成しようと決意する時に「絶対にからしない」「一生からしない」等と禁止の言葉を使用するのはタブーである。
よほど自信のある人であれば、モチベーションアップの為に、モチベーションをキープする為に、これらの言葉で誓いを立てるのも良いかも知れない。
しかし禁煙にかんして、殊更に挫折を経験した事のある人には「もう絶対煙草は吸いない」と誓いを立てる方法はあまりおすすめ出きない。
いっぺんこの誓いを破ってしまうと、自身の意思の弱さを嘆いて投げやりになったり、自信をなくしてしまった為に以下の禁煙がより難しくなるからである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



スポンサーサイト
|02-06|日記||TOP↑
煙草をためたいけどやめられない人、それは煙草に依存しているからじゃないだろうか。
では依存しているものの正体は?
それは、ニコチンに対する生理的な依存と、煙草を吸う行為に対する心理的な依存である。
禁煙を成就させると云う事は、この2つの依存を断つと云う事に成る。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

このニコチンと喫煙行為に対する依存を取り払う為に、指煙草と云う方法を使用している人もいる。
禁煙をはじめると、絶対に喫煙欲求が生じる。
その時に指を煙草に見立てて、指先を軽く噛んで深呼吸をするのである。
これを気持ちが落ち着くまでつづけてほしい。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



|02-05|日記||TOP↑
何をするにでもそうであるが、一緒に目標に向かって励まし合える仲間がいると心つよいものである。
禁煙にかんしても同じである。
一緒に煙草をやめる人がいると、挫折しそうなときでも同じ苦労をしている人から励まされるのは大きな心の支えに成る。
反対に自身が相手を励ますと、その声は自身にもどってきて、自身を救う事にもなる。
こういった具合に禁煙仲間を作成する事も、禁煙を成就させるための1つの方法である。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

煙草を吸わない人から観れば「からだに悪いと把握出きているのに何故やめられないんだろう」「意思が弱くて周囲の事を考慮しない身勝手な人達だ」と、なかなかどうして把握出きない部分もおおくあるだろう。
しかしながら、習慣化してしまった喫煙者が、煙草を吸わずにいられないメカニズムは、そう簡単じゃないようであるためす。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|02-04|日記||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

しかし誘惑に負けたり気兼ねして吸ってしまわないように「けっこうである、煙草はやめたのである」と云う言葉を用意しておこう。
非喫煙者になりきるには「今、禁煙中である」と云うより「やめた」と断言する方が、やり遂げたと云う自身へのいい意味の思い込みにもなる。

禁煙と挫折をくりかえさない為にも、本当の非喫煙者となって、健康で明るい毎日を手に入れてほしい。



|02-03|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

多種多様な禁煙本、禁煙CD、DVD、禁煙シール、キャンディーやガム等・・・・・・
現実に試してみて本当に禁煙に成就した人もいるだろうし、あれこれ試してみたけど結局煙草をやめられなかった、と云う人も少なくないとおもう。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

禁煙するための方法として第1に挙げられるのは、禁煙に関心をもつ事である。
禁煙したい本人は勿論、家族や知人等周囲の人にも関心をもってもらい、禁煙にチャレンジする環境を整えなくてはいけない。
なぜ煙草はやめるのがむずかしいのか、その理由にかんしてもキッチリと把握して、一緒に対処してくれる協力者がいれば、なお心つ良いだろう。




|02-02|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

こういった具合にしてみると、禁煙が成就するかどうかは、本人がどれほど禁煙に対してつよい気持ちをもってるかにかかってきている事が把握できる。
禁煙に対する気持ちが弱い人にはニコチンパッチ等の禁煙グッズは効果を発揮せず、反対につよく禁煙したいとおもってる人には禁煙グッズは必要ないと云う事に成る。
しかしながら、煙草を断つ事によるニコチン切れの離脱症状に恐怖を実感している人には、このような禁煙グッズも適切と云えるだろう。



|02-01|日記||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

勿論偽のパッチである事は、本人達も知らされていない状態だった。
つまり、ニコチンパッチを使用しても約半数の人は煙草をやめられず、ニコチンパッチを使用しない人でも3割の人は禁煙出きた、と云う事である。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



|01-31|日記||TOP↑
「もう煙草はやめたんだ」そう云って清清しい笑顔を見せていた知人が、久しぶりに会った時には再び喫煙していた、なんていう事はないだろうか?
個人差がある事であるが、せっかく禁煙出きたのに、これが数ヶ月、数年が経った後にふと煙草が吸いたくなるときがあるのだそうである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



|01-30|日記||TOP↑
禁煙にかんする書籍やグッズが数おおく発売され、一体どの方法が自身に合ってるのかと、煙草をやめたいけどなかなかどうしてやめられず効果的な方法を探し求める人の頭を苦しめている。
禁煙に成就した人から「これが効果的だったよ」と聴いても、同じ方法で万人が禁煙出きるかと云うと、残念ながらそうはいかないのだ。
煙草への依存度、生活パターン等にもよるからである。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

例を挙げると「お金が煙と云うかたちで消失していくのはもったいない」と云うイメージをもって、その分のお金を貯めて、かたちのある物にして残そうとする。
また「煙草の自販機の前に行ったら終わりだ」と云うイメージをもって、自販機を敬遠してとおる、煙草は絶対に買い付けない。
「煙草と云う言葉自体がイヤだ」と云う印象を自身に埋め込み、あえて禁煙している事も人には云わないし、「煙草をやめたからご飯が美味しくなった」等と云う感想も云わないようにする。
煙草と云うキーワードを使用しない、思い出さないように過ごす。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-29|日記||TOP↑
「禁煙」この文字を多種多様な場所で見掛けるように成った。
外食に出掛けても「ランチタイムは全席禁煙になっておるがよろしいものだろうか」と聴かれるレストランが増大してきている気がする。
駅のホームも勿論禁煙であるが、本来煙草の煙を嫌悪している人にとっては、やっと落ち着いて通勤出きる、とホッとしている事だろう。

一般的に、禁煙をはじめて1ヶ月が過ぎる頃には、からだはニコチンを求めなくなるのだそうである。
しかし煙草を吸っていたときの行動記憶が残ってる為、何かのきっかけで吸いたくなるときがあると云われる。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時には絶対に何時も煙草を吸っていたりとか、通勤中の車の中では毎日欠かさず吸っていた為、コーヒーを呑み込む事や通勤と云う行動が煙草の記憶と結びついてしまうのである。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

せっかく2週間もの間、煙草から離れられたのに、もったいない話である。
この頃には、禁煙初期のようなつよい喫煙欲求はなく為ってる事とおもうが、脳はまだニコチンを要求している状態に為ってる。
その為、この時期を乗り切る方法として、食事を軽めにする事が挙げられる。
食事をたくさん取ると、覚醒度を低下させてしまう為、煙草を吸いたいと云う欲求を起こしやすくなるのである。
また睡眠はガッツリとり、お酒を控えめにするのも、煙草に手を伸ばさずにこの時期を過ごす方法の1つである。



|01-28|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

しかし現実にニコチンによる中毒症状は予測外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうである。
本当に煙草から離れられないのは心理的な依存で、「煙草を吸うと息抜き出きる」「煙草を吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」このようなふうに思い込んでいるのである。
煙草の良い点(・・・・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、煙草に当てにしてきた習慣を変えるのが大きな懸念になり、なかなかどうして禁煙に踏み込めずにいるのである。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

しかしながら、中にはやめたいとおもっていても今まで踏み切れなかったのが、自身の禁煙をきっかけに禁煙を決意する人もいるかも知れない。
日頃から、煙草をやめたいと云っていたり、やめたそうにしていた人に、声をかけてみないだろうか。
一緒に頑張れる仲間がいると、煙草もやめやすくなるとおもう。



|01-26|日記||TOP↑
水分は人間のからだには必要不可欠な為、健康や美容の為に毎日意識して水を飲んでいる人はたくさんいる。
水分をできる限り積極的に取る事は、便秘改善や血液をさら更にしたり肌を美しくキープしたり老廃物を効率よく排出する方法としても広く実行されている。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

しかしこの欲求は3日目までにピークをむかえて、禁煙開始から5日目には殆どの人が落ち着いてくると云われている。
禁煙をはじめた頃を上手く乗り切るには、喫煙欲求をいかに紛らわせて過ごすか、と云う点がポイントとなる。



|01-26|日記||TOP↑
煙草の害は、喫煙者、非喫煙者共に殆どの人が気付いている事で、社会的にも煙草が容認されなくなってきている。
このような流れの中、男性の喫煙率は消耗風潮にあるようであるが、女性にかんしては喫煙率が横這いかもしくは少し増加風潮にあるようである。
全体としては煙草から離れる人が増大してきており、喫煙中の人でも「出きる事なら禁煙したい」と考慮している人が7割ほどいると聴くるのだ。
そして殆どの喫煙者が禁煙をいっぺんは試みて、挫折を経験しているようである。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

これらの行動記憶を鎮撫する方法としては、通勤手段を変えてみたり、食後のコーヒーをやめて歯磨きをする、仕事のストレスという心理的負荷を上手に発散させる事等が有る。
また、ジムにとおったりウォーキングをはじめる等毎日の生活に運動を取り入れる、休日に出きる趣味を見つけて没頭する、等と云う方法も禁煙生活をつづける上で適切である。

但し水分補給にかんして気を付けて欲しい事が有る。
水やお茶なら良いのであるが、コーヒーはできる限り敬遠したほうがよい、と云う事である。
コーヒーは煙草との相性がよい為、コーヒーを呑み込むと煙草が欲しくなると云うパターンが考慮される。
またカロリーのあるジュースやスポーツ飲料もあまりおすすめ出きない。
「禁煙したら太った」なんて事のないように、取る水分の内容には気を付けてほしい。



|01-24|日記||TOP↑
煙草をやめたいとおもってるけど禁煙がはじめられない、と云う人は、離脱症状(ニコチン切れによる禁断症状)におそわれる事を恐怖に実感しているのかも知れない。
離脱症状がどうでるか、どう実感するかは個人差が在り、ヘビースモーカーでもそれほど離脱症状を実感しない人もあれば、吸っていた本数は多くはないのに離脱症状をつよく実感する人もいる。
また離脱症状を実感する期間にも人に拠ってちがいが有る。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|01-23|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

また非喫煙者であると云う事を知らされていない人からは、煙草をすすめられる事もあるだろう。
一緒に食事に行ったり商談の際には煙草を当たり前のようにすすめてくるとおもうが、そこで断るだけの心の準備をしておく必要が有る。
本当はまだ吸いたいと云う気持ちがあるかも知れないし、その場をしらけさせてしまうのでは、と云う懸念もあるだろう。

身近に禁煙に成就した人がいたら、どのような方法で煙草を断ったのか、聴いてみるのも良いだろう。
製品の宣伝ではなく、現実の生の声を聴くほうが、ずっと説得力が有る。
同じ方法が自身にも効果的かどうかは把握できないが、現実にそれで身近な人が成就したのであれば、試してみる価値はあるとおもう。



|01-22|日記||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

しかしながら、「やめられたらいいなぁ」と云う言い方は、何だか優柔不断で今1つその気になれていない感覚がするし、「やめるべきだ」ではあまりにも不必要なプレッシャーがかけられてしまう感覚がする。
たぶん「やめられたらなぁ」と云う人は過去に何らかの方法で禁煙に挑戦したものの、挫折してしまった経験があるのかも知れない。
そして禁煙はむずかしいものなのだ、なかなかどうして達成出きないものなのだ、と決定させているのかも知れない。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



|01-20|日記||TOP↑
煙草がからだにあたえる悪影響は広く認識されており、殊更に煙草を吸わない人のからだにまでその煙が害をおよぼす為、社会的に喫煙者が容認されなくなってきている。
このような中で、本当は煙草をやめたいとおもってる喫煙者も増大しているようである。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-18|日記||TOP↑
禁煙する際に、煙草を一気にやめるのか、すこしずつ減らしていくのかにかんして、以前は一気にやめてしまう方法がすすめられていた。
これは、少しずつ減らしていく方法だと残り数本までは消耗させても、その先がゼロにできず結局いつまで経っても煙草から離れられない事が少なくないからである。
しかし急にゼロにするより短期間で本数を減らした上で一気にゼロにする方法のほうが楽に禁煙出きる人もいる。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

反対に「煙草をやめるなんて、並大抵の努力じゃ出きない」とか「煙草無しの生活を送るなんて想像出きない」と云った事を考慮していると、禁煙がものすごく無理難題になってしまう。
例を挙げるとちょっと体調を崩したとき等に「あれ、それとなく具合が良くない」と実感し、だんだん悪くなるとおもってると本当に風邪を酷く(ひどく)こじらせてしまう事だって有る。
思い込みと云うのは人のからだに影響をおよぼする。
病は気から、とはよく云ったものである。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|01-17|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

煙草を吸っていた人が禁煙をはじめた時にも、水分はできる限り積極的に取って欲しいとおもう。
水分を取る事で、ニコチンの離脱症状を緩和(かんわ)する効果があると云われている。
毎日2リットルほどの水を呑み込むと良いのであるが、たくさん呑み込めば呑み込むほど離脱症状がなくなると云うわけじゃないのだ。
煙草を吸いたくなったり、口がさみしいと実感した時に水分を取ってほしい。
このような時は、常温ではなく冷たい水か熱い湯を呑み込むほうが喫煙欲求を制御する効果が有る。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|01-16|日記||TOP↑
社会的に喫煙が受け入れられなく為ってる現状、喫煙率は消耗してきているものの、煙草をやめたいのにやめられない、禁煙できずにいる人はまだまだたくさんいる。
スッキリ禁煙出きる為に、何かよい方法がないものかと、頭を苦しめている。
このような人達をターゲットにした禁煙グッズが多種多様発売されている。

禁煙を成就させる方法としては、これらの習慣を変えていく事が挙げられる。
煙草を吸ってしまうきっかけを取り除くのではなく、他の行動に替えていくのである。
例を挙げると寝起きに煙草を吸う習慣のある人は、おきたらすぐ冷たい水やフレッシュジュースを飲んだりストレッチ体操をする。

また離脱症状に準備して保険の1本をとっておく、なんていう事もしてはいけない。
買い置きしておいた煙草や職場の机の中、車の中、かばんの中、服のポケット等、どこかにライターや煙草が残ってないかよく確認してほしい。
煙草関連グッズを捨てると云う方法により、禁煙の意思をつよくさせ勇気を奮い立たせる事だろう。
次に「もう煙草は1本も吸わない」と改めて決心をしよう。
1本だけなら・・・・・・その1本が以下の1本へとつながってしまう。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|01-15|日記||TOP↑
禁煙をするにはどのような方法があるのか、それに対して何も苦労しないで自然にやめられたと云う人、病気をしてドクターの治療を受けながら禁煙した人、独自の方法で煙草と縁を切った人等、禁煙成就者からの答えは多種多様である。
これがぜったいに効く、と云う万能な方法と云うのは実在しないのかも知れない。
しかしながら、多種多様な人の意見を聴いて、受け入れ、自身に合った方法を見つける努力は必要だろう。

こういった具合に、社会の流れが「非喫煙」へと向かってる。
これは、煙草の害が明白になってきたからで、殊更に煙草を自身では吸わない非喫煙者に対しても煙草の煙が害をおよぼす事が把握出きてきた為、社会的に喫煙が認められる事が難しくなってきた。
喫煙者のおおくがこの煙草の害にかんして把握出きてはいるのに煙草をやめられずにいる。
非喫煙へと向かう社会の動きの中で、肩身の狭い思いをし、本当は禁煙したいし多種多様な方法も試した、でもやめられないのは、煙草を吸う人のからだだけでなく心までも煙草に侵されているからであるためす。

自身で多種多様調べた結果、これだとおもうものがあれば、どのような方法も試してみてよいとおもう。(からだに害のない方法であれば)
しかしながら、煙草の代わりに何かを吸う、とか、からだに累積された煙草による有害物質を取り除く効果がある等と宣伝されているグッズをできる限り積極的に使用するのはおすすめ出きない。
これらの方法をつづける事でからだによい事をしていると云う錯覚に陥って、本当に禁煙する機会を失う可能性があるからである。
また、成分がよく分かる事ができないものは安易に信じて吸ったりしない事である。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



|05-11|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|05-10|日記||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

煙草を吸うたびにノートや携帯・パソコンのメモ等に記録していくと、自身が煙草に手をのばすきっかけが何種類かみえてくるのだ。
「起床時」「通勤時」「食後のコーヒーと一緒に」「お酒を呑み込むとき」「電話をかけるとき」「緊張やストレスという心理的負荷を実感したとき」「煙草を吸う人と一緒にいる時」等、きっかけリストが出きたとおもう。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

しかしプチ禁煙はあくまで禁煙の練習のための方法であるから、そのまま禁煙に結びつくケースは多くはないかも知れない。
本来、其の後に喫煙してもよいと許しているからこそ、なせる業だろうからだ。
でも煙草を吸わずに過ごす時間を設ける事で、喫煙行為の習慣は少しずつ修正されていくとおもう。
まだ禁煙を熱望しながらも躊躇している人は、いっぺん試してみてほしい。



|05-09|日記||TOP↑
禁煙の方法には、ニコチンパッチやニコチンガム等禁煙補助剤を使用した方法も有る。
ニコチンパッチを手に入れるにはドクターの処方箋が必要であるが、ニコチンガムにかんしては薬局等で自身で買い付ける事が出きる。

こういった具合に、社会の流れが「非喫煙」へと向かってる。
これは、煙草の害が明白になってきたからで、殊更に煙草を自身では吸わない非喫煙者に対しても煙草の煙が害をおよぼす事が把握出きてきた為、社会的に喫煙が認められる事が難しくなってきた。
喫煙者のおおくがこの煙草の害にかんして把握出きてはいるのに煙草をやめられずにいる。
非喫煙へと向かう社会の動きの中で、肩身の狭い思いをし、本当は禁煙したいし多種多様な方法も試した、でもやめられないのは、煙草を吸う人のからだだけでなく心までも煙草に侵されているからであるためす。

また離脱症状に準備して保険の1本をとっておく、なんていう事もしてはいけない。
買い置きしておいた煙草や職場の机の中、車の中、かばんの中、服のポケット等、どこかにライターや煙草が残ってないかよく確認してほしい。
煙草関連グッズを捨てると云う方法により、禁煙の意思をつよくさせ勇気を奮い立たせる事だろう。
次に「もう煙草は1本も吸わない」と改めて決心をしよう。
1本だけなら・・・・・・その1本が以下の1本へとつながってしまう。

禁煙に限らず、何をするにも途中で放り投げ、あきらめたくなる事もあるだろう。
しかし煙草はあきらめるものじゃないのだ。
これでは禁煙に対して否定的な言い回しになってしまう。
「煙草はやめた」もしくは「ノンスモーカーである」と言い切って、できる限り積極的に禁煙生活をエンジョイして欲しいとおもう。



|05-08|日記||TOP↑
禁煙したいのに、なかなかどうして煙草がやめられない、それは、喫煙が単なるニコチン中毒ではなく、1つの習慣病だからである。
人がいっぺん心地よいとおもって習慣づけてしまった事を変えるのは、なかなかどうしてむずかしい事である。
人が煙草を吸う時には、たとえそれを意識していなくても、何かしらきっかけがあるはずである。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時、お酒の席に着いた時、等、「このようなシチュエーションでは煙草を吸う」と云う習慣がついてしまってるのである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

そして以下のような事を試してみてほしい。
★煙草のブランドを、自身の好みでないものに変える
★煙草が吸いたくなったら、何時も吸う場所とはちがうところで吸う
★感単に吸えないようにする為、煙草とライターは毎日置き場所を変える
★煙草を吸ったあと、煙を吐き出さずに30秒間耐える(煙草をまずく実感するため)
★お酒とコーヒーの量を控える
これは、お酒やコーヒーが煙草との相性がよい為、禁煙をはじめてからお酒やコーヒーを呑み込むと煙草が無性に吸いたくなるからである。

いやな症状ばっかりで気が滅入ってしまいそうであるが、これらの症状が全部現れるわけじゃないし、禁煙で頭やからだがおかしくなる事はないのなのでご安心ほしい。
離脱症状は、現状禁煙に成就した人にだって出た症状であるためすから、懸念する事はないのだ。
どのような方法を使用して禁煙するにしろ、これらの症状を気付いておく事も、禁煙をはじめるにあたって必要な事である。



|05-07|日記||TOP↑
煙草がからだに悪いと把握出きていながらも、なかなかどうしてやめられないのには、煙草のニコチンに対する依存と、喫煙行為に対する心理的な依存があるためと云われている。
ニコチンに対する依存と云うのは、いわば中毒症状である。
禁煙出きない人の中には、この中毒症状を言い訳にして煙草に手をのばしている人もおおくいる。

禁煙をして初日にぶつかる壁が、ニコチン切れによる離脱症状(禁断症状)である。
禁煙初日はからだの中のニコチンが消耗してくる事で、苛立ちがつのったり、煙草を吸いたいと云うつよい欲求が生じると云われる。
しかしそのつよい喫煙欲求は3分ほどで消失してしまう為、煙草以外の何かの刺激に拠って気持ちをそらせる方法で乗り越える事が出きる。
例を挙げるとミント系のガムやキャンディーを口にいれる、冷たい水を呑み込む、軽い運動をしたり熱いシャワーを浴びる、等・・・・・・

食後に一服する習慣のある人は、口にしたらすぐ歯磨きをする。
お酒の席では出きれば禁煙席に着いたり、ダーツ等でエンジョイする。
家で手持ち無沙汰な時に煙草に手が伸長してしまう人は、ウォーキングに出掛けたりスポーツジムにとおったり、何か習い事をはじめるのもよいものである。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|05-06|日記||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

喫煙している人は体内で一部のビタミンを煙草で消費してしまってる為、不足したビタミンを補給する為にもビタミン豊富な果物や野菜を取る事がおすすめである。
また肉等の脂っこい料理をお腹一杯口にしたときとちがって、野菜や果物をたくさん口にしても煙草を吸いたいと云う欲求がそれほどつよくならない。
野菜や果物は煙草と相性が良くないからである。

例を挙げると電車に乗ってる間、映画を観ている間、煙草を吸わない人と一緒にいる間、等、吸わなくても過ごせるのじゃないだろうか?
現実のニコチン機能が20分ほどで消失してもからだはそれ以上の時間を過ごせるわけであるから、ニコチンを断つ事はおもったより簡単に出きる事だとおもう。
どのような方法でニコチンを断つかは本人次第であるが、ニコチンパッチやニコチンガムで禁断症状が静まると云う人もいる。

せっかく2週間もの間、煙草から離れられたのに、もったいない話である。
この頃には、禁煙初期のようなつよい喫煙欲求はなく為ってる事とおもうが、脳はまだニコチンを要求している状態に為ってる。
その為、この時期を乗り切る方法として、食事を軽めにする事が挙げられる。
食事をたくさん取ると、覚醒度を低下させてしまう為、煙草を吸いたいと云う欲求を起こしやすくなるのである。
また睡眠はガッツリとり、お酒を控えめにするのも、煙草に手を伸ばさずにこの時期を過ごす方法の1つである。



|05-05|日記||TOP↑
何をするにでもそうであるが、一緒に目標に向かって励まし合える仲間がいると心つよいものである。
禁煙にかんしても同じである。
一緒に煙草をやめる人がいると、挫折しそうなときでも同じ苦労をしている人から励まされるのは大きな心の支えに成る。
反対に自身が相手を励ますと、その声は自身にもどってきて、自身を救う事にもなる。
こういった具合に禁煙仲間を作成する事も、禁煙を成就させるための1つの方法である。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

また非喫煙者であると云う事を知らされていない人からは、煙草をすすめられる事もあるだろう。
一緒に食事に行ったり商談の際には煙草を当たり前のようにすすめてくるとおもうが、そこで断るだけの心の準備をしておく必要が有る。
本当はまだ吸いたいと云う気持ちがあるかも知れないし、その場をしらけさせてしまうのでは、と云う懸念もあるだろう。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|05-04|日記||TOP↑
禁煙したい人は、どのような方法が効果的か日常苦しんで過ごしている。
そして禁煙に成就した人の話を真剣に聞こうとする。
禁煙に成就した人は、一体どのような方法で成就したのか、聴いてみると実に人おのお為、中には独自の禁煙法を考え出して上手くいったから本を出したいと云う人もいるほどである。

減煙法で禁煙するケースの場合でも、最終的に吸わなくする日は前もって決定させておくるのだ。
そうしないと、ただ本数を減らしただけで煙草をやめられない、と云う事にもなりかねない。
そして自身が現状吸ってる煙草を「どうしても吸いたいときの煙草」と「それとなく吸ってる煙草」に分ける。
そのうち「それとなく吸ってる煙草」は完璧にやめてしまう。

この間、およそ1分間である。
この1分間のタイムアウトをとる事で、心が落ち着き、スムーズに仕事がすすめられるようになれば、煙草に頼らなくてもよくなる。

つまり、ニコチン切れによる離脱症状の緩和(かんわ)にはならないが、喫煙行為に対する欲求は満たされるわけである。
ハーブシガレットを使用した禁煙は、煙は吸いつづけるのでただしくは「禁煙」ではなく「禁ニコチン」かも知れない。
しかし通常のニコチンを含んだ煙草より値段が高い為、禁煙前よりは本数は消耗する事に成るだろう。



|05-03|日記||TOP↑
世の中の喫煙者のおよそ7割が禁煙したいとおもってる、と云う調査結果が有る。
それなのに、なかなかどうしてやめられない。
アメリカの保健社会福祉省の調査では、禁煙しようと挑戦した人のうち、3分の2の人が24時間後には挫折していた、と云う結果もでているそうである。

しかしながら、半年や1年、2年もの間、禁煙をつづけていたのに、ふとしたきっかけからまた煙草を吸いはじめる人もいるのである。
「もう煙草は吸いたくない」「煙草の煙に嫌悪感をおぼえる」と云う気持ちになれば、再び煙草を吸いはじめる事はないかも知れない。

また、緊張する場面やストレスという心理的負荷を実感する時は、何時もなら煙草に手が伸長するところだろうが、禁煙をはじめたら、大幅に深呼吸したりゆっくり食事を取ったり、温かいお茶を少しずつ呑み込む方法も適切である。
禁煙をはじめて2日目には血液中のニコチン濃度が急速に下がる事で初日よりも更につよく煙草を吸いたいと実感するようである。

こういった具合に煙草とセットに為っていた行動をとった時に他の事に置き換える方法で、煙草の本数を減らしていこう。
禁煙をはじめると、今まで煙草を吸っていた時間は「ガマンの時間」と捉えがちであるが、そうではなく、今まで煙草に費やしていた時間をそれ以上の楽しみの時間に置き換えれば良いのである。
禁煙を楽しめるようになれば、しめたものである。



|05-02|日記||TOP↑
煙草の害は、喫煙者、非喫煙者共に殆どの人が気付いている事で、社会的にも煙草が容認されなくなってきている。
このような流れの中、男性の喫煙率は消耗風潮にあるようであるが、女性にかんしては喫煙率が横這いかもしくは少し増加風潮にあるようである。
全体としては煙草から離れる人が増大してきており、喫煙中の人でも「出きる事なら禁煙したい」と考慮している人が7割ほどいると聴くるのだ。
そして殆どの喫煙者が禁煙をいっぺんは試みて、挫折を経験しているようである。

こういった具合に、社会の流れが「非喫煙」へと向かってる。
これは、煙草の害が明白になってきたからで、殊更に煙草を自身では吸わない非喫煙者に対しても煙草の煙が害をおよぼす事が把握出きてきた為、社会的に喫煙が認められる事が難しくなってきた。
喫煙者のおおくがこの煙草の害にかんして把握出きてはいるのに煙草をやめられずにいる。
非喫煙へと向かう社会の動きの中で、肩身の狭い思いをし、本当は禁煙したいし多種多様な方法も試した、でもやめられないのは、煙草を吸う人のからだだけでなく心までも煙草に侵されているからであるためす。

禁煙中に煙草を吸いたくなったら、その衝動を紛らわす方法として、輪ゴムを使用したものが有る。
まず手首に輪ゴムをはめて過ごし、煙草を吸いたいと云う衝動にかられたら、その輪ゴムを引っ張ってパチンとはじき、「今吸ってはいけない」と自身に言い聞かせる。
こうして自身の気持ちを制したあとは、4秒カウントしながら深呼吸をする。

こういった具合に煙草とセットに為っていた行動をとった時に他の事に置き換える方法で、煙草の本数を減らしていこう。
禁煙をはじめると、今まで煙草を吸っていた時間は「ガマンの時間」と捉えがちであるが、そうではなく、今まで煙草に費やしていた時間をそれ以上の楽しみの時間に置き換えれば良いのである。
禁煙を楽しめるようになれば、しめたものである。



|05-01|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

禁煙を思い立つと、煙草の銘柄を変えてみようとか、軽いものにしてみよう、と考慮する人もいるようである。
殊更にタール量(ミリ数)を減少させる方法で禁煙に挑戦する人がいるとよく聴くのであるが、これは禁煙に効果があるのだろうか。

例を挙げると「お金が煙と云うかたちで消失していくのはもったいない」と云うイメージをもって、その分のお金を貯めて、かたちのある物にして残そうとする。
また「煙草の自販機の前に行ったら終わりだ」と云うイメージをもって、自販機を敬遠してとおる、煙草は絶対に買い付けない。
「煙草と云う言葉自体がイヤだ」と云う印象を自身に埋め込み、あえて禁煙している事も人には云わないし、「煙草をやめたからご飯が美味しくなった」等と云う感想も云わないようにする。
煙草と云うキーワードを使用しない、思い出さないように過ごす。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|04-30|日記||TOP↑
禁煙したい人には、少々面倒くさい方法であるが、喫煙日記をつける方法はどうだろうか。
これは煙草を吸うたびに、その時の行動、吸った理由、吸った感想を記録していくものである。
これに拠って自身の煙草をすう事に成るきっかけを吟味する事が出きる。
つまり喫煙日記をつける事は、喫煙習慣を改善するための方法と云える。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

禁煙をはじめて暫く(しばらく)経つと、ニコチンはからだから抜けるのであるが、喫煙行為を長くつづけていた習慣を脳がおぼえていて、ふとした瞬間に煙草が吸いたくなるそうである。
このような時にこのハーブシガレットを吸うと、煙を吸う事で「喫煙した」と云う満足感は得られるそうである。
しかしニコチンが含有されていない為、せっかくニコチン中毒が治まったからだが再びニコチンに犯される事はないのだ。

もう吸わないと云う決心は肝心であるが、煙草関連グッズを全部捨て去ってしまったら、あとは禁煙の事をあまり考慮しないほうが良いかも知れない。
禁煙を意識し過ぎると、ガマンしている事が辛くなり、時間がものすごく長く実感してしまうだろう。
煙草グッズを捨て去る勇気があったのであるから、煙草がやめられないはずがないのだ。
自信をもって禁煙初日を過ごしてほしい。



|04-29|日記||TOP↑
煙草をやめたいとおもってるけど禁煙がはじめられない、と云う人は、離脱症状(ニコチン切れによる禁断症状)におそわれる事を恐怖に実感しているのかも知れない。
離脱症状がどうでるか、どう実感するかは個人差が在り、ヘビースモーカーでもそれほど離脱症状を実感しない人もあれば、吸っていた本数は多くはないのに離脱症状をつよく実感する人もいる。
また離脱症状を実感する期間にも人に拠ってちがいが有る。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

また非喫煙者であると云う事を知らされていない人からは、煙草をすすめられる事もあるだろう。
一緒に食事に行ったり商談の際には煙草を当たり前のようにすすめてくるとおもうが、そこで断るだけの心の準備をしておく必要が有る。
本当はまだ吸いたいと云う気持ちがあるかも知れないし、その場をしらけさせてしまうのでは、と云う懸念もあるだろう。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



|04-28|日記||TOP↑
禁煙と云うのは、どれくらいの期間煙草を吸わずに過ごしたら成就したと云えるのだろうか。
毎日40本も吸っていた人が、5日間全く吸わずにいられたら、それはすごい事だと云えるだろう。

多種多様な禁煙本、禁煙CD、DVD、禁煙シール、キャンディーやガム等・・・・・・
現実に試してみて本当に禁煙に成就した人もいるだろうし、あれこれ試してみたけど結局煙草をやめられなかった、と云う人も少なくないとおもう。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

いやな症状ばっかりで気が滅入ってしまいそうであるが、これらの症状が全部現れるわけじゃないし、禁煙で頭やからだがおかしくなる事はないのなのでご安心ほしい。
離脱症状は、現状禁煙に成就した人にだって出た症状であるためすから、懸念する事はないのだ。
どのような方法を使用して禁煙するにしろ、これらの症状を気付いておく事も、禁煙をはじめるにあたって必要な事である。



|04-27|日記||TOP↑
禁煙と云うのは、どれくらいの期間煙草を吸わずに過ごしたら成就したと云えるのだろうか。
毎日40本も吸っていた人が、5日間全く吸わずにいられたら、それはすごい事だと云えるだろう。

煙草を吸う人は、ストレスという心理的負荷を実感するとつい煙草に火をつけてしまうようである。
この1本に火をつけない為に出きる方法、それはタイムアウトをとる事である。
疲れやストレスという心理的負荷を実感した時、これが仕事をしている最中であってもいっぺん手をとめてみるべきだ。
立ったままでも座った姿勢やポーズでも大丈夫である。
そして背筋をのばして、目を閉じて、今1番何がしたいかな、と考慮する。
出きるだけリアルに、何かをしたり口にしたりしているところを想像してほしい。
其れから2,3回深呼吸をして目を開け、仕事にもどる。

よく聴く話が、ミリ数を減少させると結果的に吸う本数が増大すると云う事である。
普段12ミリの煙草を吸っていた人が1ミリに減らしたケースの場合、それでは「煙草を吸った」気持ちになれないようであるためす。
その結果、味はまずいと実感しているのに吸った気になれなくて次から次へと吸ってしまう・・・・・・と云う悪循環をおよぼする。
次から次へとたくさん吸っても、満足感を得ると云うより「せっかくミリ数を減らしてもこれじゃ意味ないだろうか?」と云う妙な空虚感が誕生したりする。
本数が増大すれば、その分煙草に費やすお金も増大すると云う事であるからだ。

要は煙草から遠ざかりたい、と云う気持ちを上手に自身の中で整理していく事が肝心だと云う事である。
無理な思い込みは、ガマンと云うかたちで余計なストレスという心理的負荷を生み出してしまう。
多種多様な人の禁煙法を参照事項に、自身にも合った方法が見つかるとよいものである。



|04-26|日記||TOP↑
世の喫煙者のおおくが禁煙に挑戦し、そして失敗をくりかえしている。
1年、2年と煙草をやめていたのに、ふとした拍子に再び喫煙者となる人もおおくいる。
禁煙は、はじめた頃も離脱症状や習慣の変化で苦労する人もいるとおもうが、初期を乗り越えた後に禁煙生活をキープしていく事も途方もなく肝心な事であるためす。

よく喫煙者は、息抜きする為に煙草を吸うと云うが、ニコチンを勢い良く吸い込む事はからだにとってストレスという心理的負荷を増進させている事にもなるのである。
それより深く息を吸う(深呼吸)事のほうが、ずっと息抜き効果が有る。

★唾液の分泌過多、反対に口の渇きを実感する
★頭がボーっとしたり立ちくらみがする
★めまいや手足の痺れがある
★焦点が合いにくく、ものが見づらい
★空腹感や吐き気がする

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



|04-25|日記||TOP↑
現状、喫煙している人への質問であるが、貴方は今、煙草にかんしてどう考慮しているだろうか?
これに対し、半数以上の人が「やめてみたい」「やめられたらいいなぁ」と答える事だろう。
喫煙している人のおよそ7割が禁煙したいとおもってる、と云う調査結果もあるのである。

反対に云えば、禁煙に成就している人も絶対にいるのである。
禁煙したい人達は「どのような方法で禁煙出きたのだろう」と気に成るところだとおもうが、その方法は人おのお為、意外と「特別な方法は実践していない」と答える人も多かったりする。

それは何かアクションを起こすのではなく、心構えをする、気持ちを入れ替える、と云う方法で煙草を断った成就者の事である。
「やれる」・・・・・・誰にでも煙草をやめる力は有る。
「やってやる」・・・・・・やめる力はもってる為、あとはやめようと云う意思をもつ事である。
「今やる」・・・・・・いつやめようか、戸惑う事は禁物、やめる力をもってるのであるから、すぐにその力を発揮しよう。

もう1つ、野菜と果物には尿をアルカリ化させてからだからニコチンが排出されるスピードを遅らせる効果があるそうである。
それにより、ニコチン切れの離脱症状を緩和(かんわ)させる効果が待望出きると云われる。

末永く野菜ばっかり口にしていては飽きてしまうし、時にはお肉をがっつり口にしてスタミナもつけたいだろう。
禁煙が成就した暁には、お祝いの焼肉でもステーキでも召し上がってほしい。
焼肉屋さんに入っても煙草を吸いたいと云う欲求が起きなければ、大成就である。



|04-24|日記||TOP↑
水分は人間のからだには必要不可欠な為、健康や美容の為に毎日意識して水を飲んでいる人はたくさんいる。
水分をできる限り積極的に取る事は、便秘改善や血液をさら更にしたり肌を美しくキープしたり老廃物を効率よく排出する方法としても広く実行されている。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

しかしそのきっかけが敬遠されないものであるのならば、煙草を吸う以外の対処法を考慮する必要が有る。
「これをやれば煙草はやらない」と云うものを見つけるのである。
食後に一服するのが習慣に為ってるのなら、食後に歯磨きをする習慣に変えてみる、等である。

喫煙の記録をつけるのは、たしかに手間で、面倒である。
しかしそう長くつけ続けなくても、喫煙のきっかけはみえてくるのだ。
禁煙をはじめる導入として、また生活を改善するつもりで、こんな方法も試してみてはどうだろうか。



|04-23|日記||TOP↑
禁煙の方法には、ニコチンパッチやニコチンガム等禁煙補助剤を使用した方法も有る。
ニコチンパッチを手に入れるにはドクターの処方箋が必要であるが、ニコチンガムにかんしては薬局等で自身で買い付ける事が出きる。

しかしながら、半年や1年、2年もの間、禁煙をつづけていたのに、ふとしたきっかけからまた煙草を吸いはじめる人もいるのである。
「もう煙草は吸いたくない」「煙草の煙に嫌悪感をおぼえる」と云う気持ちになれば、再び煙草を吸いはじめる事はないかも知れない。

これらの行動記憶を鎮撫する方法としては、通勤手段を変えてみたり、食後のコーヒーをやめて歯磨きをする、仕事のストレスという心理的負荷を上手に発散させる事等が有る。
また、ジムにとおったりウォーキングをはじめる等毎日の生活に運動を取り入れる、休日に出きる趣味を見つけて没頭する、等と云う方法も禁煙生活をつづける上で適切である。

もし禁煙をはじめて煙草が吸いたくなる瞬間があったら、「私はもう煙草は吸わない事にしよう」と唱えてみてほしい。
吸いたいとおもう瞬間を、煙草に等束縛されてはいない明るい時間に変えていってほしい。



|04-22|日記||TOP↑
煙草をやめる方法には、少しずつ本数を減らして最後にゼロにする減煙法と、一気にゼロにする断煙法が有る。
減煙法では、あまり長い期間をかけて本数を減らしているといつまで経ってもゼロに出きない、と云う結果になりかねない為、最終的にゼロにする日を前もって決定させてできる限り短い期間にそこまでもっていくようにしてほしい。

こういった具合に、社会の流れが「非喫煙」へと向かってる。
これは、煙草の害が明白になってきたからで、殊更に煙草を自身では吸わない非喫煙者に対しても煙草の煙が害をおよぼす事が把握出きてきた為、社会的に喫煙が認められる事が難しくなってきた。
喫煙者のおおくがこの煙草の害にかんして把握出きてはいるのに煙草をやめられずにいる。
非喫煙へと向かう社会の動きの中で、肩身の狭い思いをし、本当は禁煙したいし多種多様な方法も試した、でもやめられないのは、煙草を吸う人のからだだけでなく心までも煙草に侵されているからであるためす。

禁煙仲間を募る時に気を付けたいのが、どう観ても今煙草はやめないだろうとおもわれる人には自身の禁煙の決意を云わない事である。
煙草を吸う人は、煙草をやめる決意をした人をあまり歓迎しないようである。
もしかしたら、心の中では禁煙の決意をした事をうらやましくおもっていたり、禁煙に踏み切れない自身に引け目を実感しているのかも知れない。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



|04-21|日記||TOP↑
禁煙にかんする書籍やグッズが数おおく発売され、一体どの方法が自身に合ってるのかと、煙草をやめたいけどなかなかどうしてやめられず効果的な方法を探し求める人の頭を苦しめている。
禁煙に成就した人から「これが効果的だったよ」と聴いても、同じ方法で万人が禁煙出きるかと云うと、残念ながらそうはいかないのだ。
煙草への依存度、生活パターン等にもよるからである。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

そこで、今回こそは、と心新たに禁煙の決意をしているのなら「煙草はやめた」と言い切ってしまう方法はどうだろうか。
1日でも1週間でも1年でも、これが煙草を吸わずに過ごした時間である事には変わりないのだ。
「禁煙の努力をしているけれど、これがまだ完了していない」よりは、「もうとっくにやり完結できた」と断言してしまうのである。

しかしこの欲求は3日目までにピークをむかえて、禁煙開始から5日目には殆どの人が落ち着いてくると云われている。
禁煙をはじめた頃を上手く乗り切るには、喫煙欲求をいかに紛らわせて過ごすか、と云う点がポイントとなる。



|04-20|日記||TOP↑
煙草には多種多様な種類が有る。
おのおのの味や匂い、吸った時にからだにジーンとくる感覚等、煙草の種類に拠ってちがう為、殆どの喫煙者は自身の吸う煙草を決定させているのである。

禁煙を確実に成就させる為に、自身は非喫煙者であると言い聞かせる方法が有る。
言い聞かせるだけでなく、非喫煙者としてふるまってほしい。
外食に出掛けた時には禁煙席に座る、新幹線では迷わず禁煙車両に乗る、等である。
まだ禁煙をはじめたばっかりで自身に自信が持てなくても、非喫煙者としてふるまう方法をつづける事で自身はノンスモーカーであるとおもえるようになってくるのだ。

また水分摂取は便秘を改善する方法としても適切である。
煙草を吸わない事で便秘に成る人も少なくないのであるが、これは今まで毎日煙草による腸への刺激があったのに急にこれがなくなるためで、殊更に意識して水を呑み込むとよいとおもう。

禁煙に限らず、何をするにも途中で放り投げ、あきらめたくなる事もあるだろう。
しかし煙草はあきらめるものじゃないのだ。
これでは禁煙に対して否定的な言い回しになってしまう。
「煙草はやめた」もしくは「ノンスモーカーである」と言い切って、できる限り積極的に禁煙生活をエンジョイして欲しいとおもう。



|04-19|日記||TOP↑
禁煙のための本やグッズ等、多種多様なものが発売されている。
どれを詠んだら良いのか、どれを買い付けてどのような方法を試したら良いのか、本当に苦しむところである。
しかしながら、禁煙する為にこのようなに苦しんだり気持ちが沈んでいては、かえって逆効果と云うものである。
禁煙を成就させる方法としては、まず息抜きする事である。

離脱症状にはどのようなものがあるのか、またこれが出たときの対処方法を考慮しておく事で、離脱症状に必要以上におびえる事はないのだ。
メインのニコチンの離脱症状には以下のようなものが有る。
★昼間たまらなく眠いのに夜眠れない
★苛立って落ち着かず、物事に集中出きない
★疲労感や頭痛、腰痛、耳鳴りかある
★便秘気味に成る

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

こういった具合に煙草とセットに為っていた行動をとった時に他の事に置き換える方法で、煙草の本数を減らしていこう。
禁煙をはじめると、今まで煙草を吸っていた時間は「ガマンの時間」と捉えがちであるが、そうではなく、今まで煙草に費やしていた時間をそれ以上の楽しみの時間に置き換えれば良いのである。
禁煙を楽しめるようになれば、しめたものである。



|04-19|日記||TOP↑
禁煙したいのに、なかなかどうして煙草がやめられない、それは、喫煙が単なるニコチン中毒ではなく、1つの習慣病だからである。
人がいっぺん心地よいとおもって習慣づけてしまった事を変えるのは、なかなかどうしてむずかしい事である。
人が煙草を吸う時には、たとえそれを意識していなくても、何かしらきっかけがあるはずである。
例を挙げるとコーヒーを呑み込む時、お酒の席に着いた時、等、「このようなシチュエーションでは煙草を吸う」と云う習慣がついてしまってるのである。

そして最終的にゼロにする日、断煙法のケースの場合は禁煙をはじめるその日にする事が有る。
まず煙草関連グッズを全部捨てる事である。
離脱症状により煙草が吸いたくなった時、煙草や灰皿等を観ると、ガマンする事が余計に辛くなってしまう。

煙草を吸うきっかけを認識する事で、普段どれほど自身が我知らずのうちに煙草に手をのばしていたかが把握できるとおもう。
この我知らずのパターンに気付けば、同じ状況になった時に別の対処をする事で煙草に火をつけずに済むように成る。
また、リストアップされたきっかけを敬遠する事で、それに合わせて吸っていた分の煙草を減少させる事が出きる。

しかしながら、中にはやめたいとおもっていても今まで踏み切れなかったのが、自身の禁煙をきっかけに禁煙を決意する人もいるかも知れない。
日頃から、煙草をやめたいと云っていたり、やめたそうにしていた人に、声をかけてみないだろうか。
一緒に頑張れる仲間がいると、煙草もやめやすくなるとおもう。



|04-05|日記||TOP↑
煙草をやめたくて禁煙の方法を吟味していくと、ニコチンパッチ等の禁煙グッズがでてくるとおもう。
これは、皮膚にニコチン含有のパッチを貼る事で、血液中のニコチン濃度をキープしつつ煙草を吸わずにいられるよう補助するものである。
そしてニコチンの含有量の多くはないパッチに少しずつ変えていき、最終的にはニコチンパッチがなくても煙草を吸わずにいられるようにさせるための方法である。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

人間はストレスという心理的負荷や懸念事を実感すると、浅く肺で呼吸する風潮が有る。
ここでゆっくり深呼吸する事で、素早く息抜き状態に入り、精神状態も落ち着き、脳の働きもスムーズに成る。
深呼吸を練習する時は、まずおへその上下に左右の手を置き、そこに空気を集めるつもりで一杯まで深く息を吸いる。

この方法は、禁煙中の人だけでなく、煙草を吸わなくても日常忙しくストレスという心理的負荷に追われている全部の人に適切な息抜き方法でも有る。
どのようなに忙しさに追われていても、この1分間を確保する気持ちの余裕だけはもっていて欲しいとおもう。



|04-04|日記||TOP↑
禁煙生活をスムーズに送るための方法の1つとして、食事内容に配慮する事が挙げられる。
それは野菜と果物を食事の中心におくと云う方法である。

しかし現実にニコチンによる中毒症状は予測外に早く、10日もあれば抜けてしまうそうである。
本当に煙草から離れられないのは心理的な依存で、「煙草を吸うと息抜き出きる」「煙草を吸うと頭が冴えて仕事がはかどる」このようなふうに思い込んでいるのである。
煙草の良い点(・・・・・・と思い込んでいる点)を信じ込み、煙草に当てにしてきた習慣を変えるのが大きな懸念になり、なかなかどうして禁煙に踏み込めずにいるのである。

次に「どうしても吸いたいとき」に順位をつけ、下位のほうから煙草をやめていくるのだ。
そして最終的に吸わなくすると設定した日に向けて少しずつ減らし、最後には完璧にやめてしまう。

そして急がずゆっくりと吐き出す事を、3,4回くりかえする。
深呼吸する事で全身に酸素を送り込む事が出きる。
人間が生きていく上で、酸素はなくてはならないものである。
ストレスという心理的負荷や懸念、懸念等が増すのは、ただしく呼吸していない為に酸素が充分に取り込めていないからだと云える。

心理的に息抜きする為には、煙草を云う有害物質に頼らなくてもただしい深呼吸を実践する事で充分な効果が得られるのである。
いっぺんお試しほしい。



|04-03|日記||TOP↑
禁煙のための本やグッズ等、多種多様なものが発売されている。
どれを詠んだら良いのか、どれを買い付けてどのような方法を試したら良いのか、本当に苦しむところである。
しかしながら、禁煙する為にこのようなに苦しんだり気持ちが沈んでいては、かえって逆効果と云うものである。
禁煙を成就させる方法としては、まず息抜きする事である。

ここではニコチンガムにかんして、その効果や噛む方法を談じたいとおもう。
ニコチンガムは、それを噛んでも煙草を吸ったときのようなジーンとした感覚を得られるわけじゃないのだ。
ガムを噛む事で吸った気持ちになれるためのものではなく、吸いたいと云う気持ちをやわらげ、吸わずにいさせるためのものである。

禁煙をはじめて暫く(しばらく)経つと、ニコチンはからだから抜けるのであるが、喫煙行為を長くつづけていた習慣を脳がおぼえていて、ふとした瞬間に煙草が吸いたくなるそうである。
このような時にこのハーブシガレットを吸うと、煙を吸う事で「喫煙した」と云う満足感は得られるそうである。
しかしニコチンが含有されていない為、せっかくニコチン中毒が治まったからだが再びニコチンに犯される事はないのだ。

煙草なんて今すぐにだってやめられるよ、煙草が無いと生活出きないなんてありえない。
そうおもうと、そのように成るのである。
途方もなく大きいとおもっていた禁煙の壁は、現実はすごく低いハードルなのかも知れない。



|04-02|日記||TOP↑
禁煙と云うのは、どれくらいの期間煙草を吸わずに過ごしたら成就したと云えるのだろうか。
毎日40本も吸っていた人が、5日間全く吸わずにいられたら、それはすごい事だと云えるだろう。

煙草の本数を減少させる為に、我知らずに吸う煙草はやめて、本当に自身が必要とおもうときだけ吸うようにしてほしい。
煙草に火をつける時は、これから煙草を吸うのだと云う事をガッツリ意識して吸ってほしい。

禁煙をはじめて1週間から2週間後は安心期と呼ばれ、その名のとおり気持ちが緩んで「もう大丈夫だ」と油断しやすい時期に成る。
「2週間も煙草をやめられたのだから、ここで1本吸ってもすぐにやめられるし、欲求もコントロール出きるようになった」とつい手をのばしてしまうと、1本のつもりが2本、3本と増大してしまい、この時期に挫折してしまう人が全体の3割近くもいるそうである。

いやな症状ばっかりで気が滅入ってしまいそうであるが、これらの症状が全部現れるわけじゃないし、禁煙で頭やからだがおかしくなる事はないのなのでご安心ほしい。
離脱症状は、現状禁煙に成就した人にだって出た症状であるためすから、懸念する事はないのだ。
どのような方法を使用して禁煙するにしろ、これらの症状を気付いておく事も、禁煙をはじめるにあたって必要な事である。



|04-01|日記||TOP↑
禁煙の方法には、本数を少しずつ減らしていく減煙法と、いきなり本数をゼロにしてしまう断煙法が有る。
断煙法のほうが禁煙には効果的と思われている人も少なくないとおもうが、現実は減煙法であるレベル本数を減らしておいてから、スパッとやめると云う両方を併せた方法が効果が出やすいようである。

しかしいっぺん習慣化してしまった喫煙をやめる事は難しく、何かスパッと禁煙出きる方法はないかと日常苦しんでは試し、挫折をくりかえしていよいよ禁煙はむずかしいものだと思い込んでいる人も少なくはないのだ。
禁煙をはじめると、何時も何気なく吸っていた煙草を余計に意識するようになり、「吸いたい」と云う衝動にかられるように成る。
その衝動を抑えられず「1本くらいなら・・・・・・」と吸ってしまうとこれが2本になり、3本になり、結局また喫煙生活にもどってしまう。

また水分摂取は便秘を改善する方法としても適切である。
煙草を吸わない事で便秘に成る人も少なくないのであるが、これは今まで毎日煙草による腸への刺激があったのに急にこれがなくなるためで、殊更に意識して水を呑み込むとよいとおもう。

煙草を吸っていた頃の行動記憶が末梢出きるまでには3ヶ月はかかると云われるが、初めの1ヶ月を乗り越えれば禁煙成就率は高くなる。
禁煙を決定させたなら、新しい自身に生まれ変わったつもりで、毎日の生活パターンを変えてみると効果的である。
今まで煙草に費やしていたお金と時間を、何の為に使うべきだか。



|03-31|日記||TOP↑

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示



Copyright © 小雪の普遍の日記 All Rights Reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。